Pocket
LINEで送る

130716ECrougesucette

ピンクグレープフルーツに続き、コーラの香りのする赤ワインが登場した。

フランス、Haussmann一家がマーケティングの新しいアイデアを提案した。「コーラワイン」である。

スペインのバーで見つけることのできる、カリモチョ(ワインとコーラのカクテル)のボトルバージョンである。新しいワインの名前は「rouge sucette(赤いキャンディ)」と名づけられ、アルコール度数9パーセントのワイン。

cgYlTWy

なぜ、コーラなのか?コーラワインの販売戦略

ほとんどの若者はコーラを飲む。それゆえ、彼らはコーラの香りに親しみを持っている。コーラ世代と呼ばれる彼らはコーラやスプライトなどを飲み、ウイスキーやウォッカのようなアルコールは常にオレンジジュースやコーラで割って飲む。この、香りつきのワインは新しい消費者の教育に役立つと考えられている。ソフトドリンクから大人の飲み物へ移行するための新しい提案として販売する。