Pocket
LINEで送る

sweets_04-feat-thumb ロレーヌ地方のマドレーヌ、ブルターニュ地方のクイニアマン…。フランスには地方発祥の素朴で美味しいお菓子がたくさんある。カヌレもそんな郷土菓子の一つ。生まれ故郷は、フランス南西部、ワイン名産地のボルドーだ。

卵、バター、小麦粉、砂糖、牛乳、ラム、ヴァニラといった、ごく基本の材料で作られるお菓子。高さ6~7センチほどの円柱形。焦がしちゃった?と思うくらい黒に近いこげ茶の、パリッとした表面を割ると、中はむっちり黄金色。外と中の色と食感のコントラストが特徴的だ。柱などに溝をつけることをフランス語でCannelerというが、カヌレの周囲には12本の溝がついていて、ここから名前が生まれたとか。

さて、その歴史は?と、探ってみると諸説あるのだが、我々ワイン好きが支持したい説はこちら。ワイン醸造のコラージュ時に卵白を使うが、あまった卵黄を、ワイン醸造家が修道女に提供した。彼女たちはその卵黄と、ボルドー港で取引される小麦や砂糖、ヴァニラの残りを混ぜてお菓子をつくり、カヌレが誕生しましたとさ。
生い立ちに思いを馳せながら、甘口ボルドーワインを相方にカヌレを楽しむひと時はいかが?

(次ページに、「ラ・パティスリー・デ・レーヴ」のシェフ、フィリップ・コンティシーニ氏(Philippe Conticini)インタビューがございます。こちらをクリック!)

写真 : 【右】この春からショーケースに並ぶカヌレ。定番の他、抹茶やオレンジを香らせたものも。【中・左】白とピンクを基調にした明るくラブリーな店内。サロンドテも併設。

La pâtisserie des rêves
ラ・パティスリー・デ・レーヴ
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
● ADDRESS : 111 rue de Longchamp 75016 Paris
● TEL : +33 (0)1 47 04 00 24
● OPEN : 10:00-20:00(土日は9:00-20:00)
  サロンドテは14:00-19:00 ● CLOSE : 月
● WEB : http://www.lapatisseriedesreves.com/

111 rue de Longchamp 75016 Paris
京都 高台寺店 ● ADDRESS : 京都府東山区高台寺北門前通下河原東入ル鷲尾町518 ● TEL : +81 (0)75-533-7041 ● OPEN : 11:00-18:00 ● CLOSE : 毎月第3火曜日 ● WEB : http://www.lapatisseriedesreves.co.jp/

33vin_sweets-kano

加納 雪乃 フリーライター
- – - – - – - – - – - – - – - – - – -
パリ在住。フランスの食文化及びバレエを中心に、日本の雑誌に寄稿。著書に「パリ オペラ座バレエと街歩き」、「パリ スウィーツの話」(ともに集英社be文庫) http://yukinokano.exblog.jp