Pocket
LINEで送る

 

maisonパリでは年2回、Maison&Objet(メゾン&オブジェ)と言われる巨大見本市が行われます。
今年は9月5日から9日までの5日間の会期で、インテリア、キッチン用品、寝具、雑貨などなど、生活用品関連では世界最大級の規模の見本市となります。参加出展者も4000社を超え、世界中のバイヤー達が新作を求めてやってくるのです。

今回、33.VINもワイン関連のグッズや、新商品を取材しようということで、潜入して参りました。

 

メゾン・マルタン・マルジェラ

マルタン・マルジェラはファッション・デザイナーで、パリコレ常連の超有名ブランド。そこが手掛けるランプは一工夫されたワインなアイテムでした!
実は、パリ・シャンゼリゼ近くにマルジェラがプロデュースした4つ星ホテルがあり、そこで既に使われていおり、2年ほど前にホテルの取材で、凄く気になったアイテムだったのです。今度、自作しようと画策中!

martin martin2
ラギヨール

お写真はありませんが、ナイフ、ソムリエ・ナイフで有名なラギヨール。この名前、ご存知な方もいらっしゃいますが、商標登録されていないようです・・・。それゆえ、ラギヨールなんちゃらと名前が付く出展者が、3社、4社と並んでいて、扱っている商品は、ほとんど一緒なのだから、驚きです。どれが、本物のラギヨール?と質問したくなるような、不思議な光景でした。

プジョー

老舗の安心感に光る洗練されたデザイン。間違いなくフランスを代表するワイン雑貨のブースですね。プジョーと言うと、車メーカーを真っ先に思い浮かべると思いますが、実はその歴史は古く、胡椒ミル(胡椒挽き)を作る会社からスタートしたのです。その後、キッチン雑貨を拡大していき、自転車、自動車と続いていったのです。プジョーのワイン部門責任者「Fabrice Stefanetti」氏にお話を聞いてきましたので、33.VINホームページ内「インタビュー」のページでご紹介します。http://33vin.net/jp/griffonnage/interview1/

peugeot